ひまわりの花の部分

無料写真素材情報

撮影者:AKIRA
撮影日:2014年7月
撮影機器:EOS Kiss x5
撮影場所:茨城県野木町のひまわり
素材を使用する場合は、必ず利用規約を読んでから使用してください。
素材の利用規約

ひまわり

コメント

ひまわりの花の部分です。

ひまわりの歴史

ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。
ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。
正教会は大斎の40日間は食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。
日本には17世紀に伝来している。

ひまわりの歴史 引用元:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です