オイルライター 火 

無料写真素材情報

撮影者:AKIRA
撮影日:2014年5月24日
撮影機器:EOS Kiss x5
撮影場所:埼玉県
素材を使用する場合は、必ず利用規約を読んでから使用してください。
素材の利用規約

ジッポ

オイルライター

コメント

オイルライターに火をつけている写真です。

火の温度は、中心は600℃くらいで、外側の温度は1400℃くらいです。ただしつけているものによっても違うようです。火の取扱いには気を付けましょう。

オイルライター

燃料としてオイル(主に精製度を高めた灯油、ナフサなど)に火をつけるもの。毛細管現象によって芯に上がって来た液体のオイルが揮発することによって燃料となり、適切な揮発機構を持つオイルライターは、揮発機構内で気化した燃料を適度に含む空気が渦になってとどまるため、強風のなかでも高い着火性を持つ。一方、どうしてもオイルの臭気が伴うことと、オイルが揮発するためこまめな補充を要するのが弱点である。数週間も放置すると着火しなくなってしまう。イムコ、ジッポー、ロンソンなどのブランドが有名。

引用元:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です