レッサーパンダ

無料写真素材情報

撮影者:AKIRA
撮影日:2014年6月18日
撮影機器:EOS Kiss x5 EF-S60mm
撮影場所:埼玉県
素材を使用する場合は、必ず利用規約を読んでから使用してください。
素材の利用規約

IMG_1102

コメント

レッサーパンダのドアップ画像です。レッサーパンダって動きが活発なんですね。

レッサーパンダ ブーム

もともと各地の動物園で人気者になりつつあったレッサーパンダだが、2005年5月、千葉市動物公園で飼育されているオスの「風太」(ふうた、報道などでは君付けされ風太くんと称される)が、30秒程度の間、後ろ足二本で直立する、と内外のマスコミで取り上げられ、話題となった。レッサーパンダは元来、周囲の様子をうかがうときに直立することがある。このニュースが話題になると、風太の祖父や母までも直立することがわかった。また、よこはま動物園ズーラシアの「デール」や佐世保市亜熱帯動植物園の「海」のように、二足で数歩歩く個体もいる。

これを機に、各地の動物園で、後ろ足で立つレッサーパンダが取り上げられ、「風太」がJTのCMに起用されるなど、あまりにも話題が過熱してしまったため、旭山動物園(北海道旭川市)や世界自然保護基金などから、商用目的でレッサーパンダへ過剰な負担をかけることへの疑問や懸念が表明されている。また、ブームの発端となった千葉市動物公園では、ラジオ番組の電話インタビューにおいて、「当初地方紙のみの記事であったはずが、いきなり全国的に取り上げられたため、その過熱ぶりに困惑気味であった」と語っている。二足で歩くズーラシアのデールについてもバッシングがあったが、その内容は「無理やり芸を仕込んでいる」という誤解に基づくものであった。

基本的に、二本足で直立という状態は、レッサーパンダにとっては頻繁に行う形態ではないにもかかわらず、ブーム下においては、直立したレッサーパンダの縫いぐるみなどのグッズが多数商品化され、ハピネットの『動物大百科』のソフビ人形は直立形態を前提に造形され、エポック社からは『レッサーパンダが立ちました』という名のフィギュア(カプセルトイ)が商品化された。

レッサーパンダブーム 引用元:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です