ろうそくと炎(シネマグラフ)

無料写真素材(シネマグラフ)情報

撮影者:AKIRA
撮影日:2014年8月
撮影機器:EOS Kiss x5
撮影場所:自宅
素材を使用する場合は、必ず利用規約を読んでから使用してください。
素材の利用規約

ろうそくと炎(シネマグラフ)

コメント

ロウソクの炎が燃えてゆらゆらしている無料写真(シネマグラフ)です。

ろうそくの概要

ろうそく(蝋燭、蠟燭)は、蝋(ろう)に綿糸などでできた芯を埋め込んだもので、芯に火を点して灯りとして用いる。ロウソク、ローソク、またはキャンドル(英語:candle)ともいう。
芯の先に点った炎によって周囲の蝋が融けて芯に染み込み、さらにそれが気化して燃焼することで燃え続けるしくみである。粗悪なものを除いて、炎はほぼ一定の明るさを保つ。
芯として用いられるのは三つ編みにした綿糸(めんし)やイグサ(灯心草)で、芯を据えた型に蝋(ろう、パラフィン)を流し込んだり、融けた蝋を芯に繰り返し絡ませたりして作られる。
ろうそくに関する著作では、マイケル・ファラデーの『ロウソクの科学』が有名。光源の明るさの単位”カンデラ”(燭光)は、もともと特定の規格のろうそくの明るさを基準として決められた単位である。

ろうそくの概要 引用元:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です