ごちゃごちゃした棚

無料写真素材情報

撮影者:AKIRA
撮影日:2014年6月18日
撮影機器:iPhone5
撮影場所:埼玉県上尾市
素材を使用する場合は、必ず利用規約を読んでから使用してください。
素材の利用規約

ごちゃごちゃした棚

コメント

ごちゃごちゃした棚の画像です。

棚の概要

棚(たな)とは、主に収納を目的した構造物、あるいは家具。究極的には上にものが置ける棚板のことである。なお、前面に扉をつけた構造物または家具を戸棚(とだな)という。家具のみならず、商品陳列に用いられる棚もある(後述)。

棚板を壁に取り付けたり、組み合わせて家具を作る。本棚、食器棚、蔓棚(パーゴラ)など様々な棚が存在している。日本語では、主にオフィス家具や什器としての棚のことは英語風にラックとも呼ぶ(正確には「棚」に対応するのは”shelf”(シェルフ)である。ラック(rack)は、棚を取り付ける「架」である)。「移動可能な棚」と「壁設置式の棚」とに分類される(後者に書院造の「床脇棚」がある)。

こうした実用具としての棚以外にも宗教面で用いられる「神棚」(江戸時代以降に登場)や「閼伽棚」もある。

現代では棚の利用法は多様化しており、本棚であっても本を収納せず、集めたフィギュア(人形)コレクションなどの玩具を飾るといった利用法や博物館でいえば資料・標本・遺物・レプリカといった多目的なもの(見学物・実験物)を載せ、来客に見せ、理解を深めることを目的とする場合もある。博物館で用いられる棚は家具というより商品を陳列する「見世棚(みせだな)」と同様、「見せる為の棚」である(民具・家具を載せた棚もある)。博物館で用いられる棚では、ものを永く大衆に見せる為、ものを保護する必要があり、防犯対策や天災対策という観点も含めて、ガラスケースで覆われている場合がある(これは貴金属や宝石を載せる棚でも見られる)。形状も多様で、見せるものに合わせて、円柱状の棚が用いられる場合もある。また、台上に品物を載せるという意味では、屋台で用いられる台も広義では棚である。

棚の概要 引用元:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です